レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

ずるいM-1グランプリ2008予想

レッスルと三度の飯と同じ位TVっ子で、特にお笑い、バラエティーが
好きな私ですが、年末すっかり定番になったM-1グランプリが近づいてきました。
そこでこんな事を考えてみました。
他の方の競馬予想を拝借している感だだ漏れですが、そこは何とか大目に見てください(笑)

智美「智美と、」

成瀬「成瀬の、」

二人「M-1グランプリ2008、優勝予想~♪」(パチパチパチ)

智美「珍しいですね~。成瀬さんがここでしゃべるの。」

成瀬「智美、そんなかしこまらんでええで。というかあたりまえやん。
    タイトル見てみ?M-1やで?漫才やで?ウチ以外に誰が適任者おるっちゅーねん。」

智美「んー・・・。同じ大阪出身の神楽さんとか。社長の団体にも丁度在籍してるみたいだし。」

成瀬「アカン。」

智美「え?」

成瀬「神楽はアカン。なんで大阪出身やのにバリバリの標準語やねん。
    絶対笑いなんてわからんで。だからやめとき。
    ほなチャッチャと進めるで。」

智美「あ、は~い。それでは出場者と予想は(More)からで~す。」



ダイアン
智美「ちなみに順番は決勝当日のネタ見せ順になってま~す。」

成瀬「正直、厳しいな。」

智美「うわっ!いきなり斬った。でも2007ファイナリストだし、力はあるんじゃ。」

成瀬「決勝に残るだけの力はな。ただ正統派というにはボケの味がクセあるし、
    かといってぬけた個性派ってわけでもないんやね。加えてトップバッターという
    重圧もあるしな。」

智美「確かに、毎回基準になるだけに決勝に残りにくい順番ではあるんだよね。」

成瀬「なんかもう一つくらい武器があれば化けるんやろけどね。」

笑い飯 
智美「2番手は決勝の常連、笑い飯です。」

成瀬「そんだけ優勝できてないって事なんやけどな。」

智美「か、辛口~・・・。でもこのコンビはWボケって確立した武器があるけど、」

成瀬「それでも残れて最終決戦って感じちゃうか?こういう変化球というか個性派のコンビは
    ある意味ノリというか勢いが大事やしな。いくら武器でも既に新鮮味はもうないし、
    優勝したいんやったらもう一捻りぐらいいるで。」

モンスターエンジン
智美「続いては結成2年目のモンスターエンジンだね。あの(神々の遊び)のコンビでしょ?」

成瀬「すっかり全国版ではそのイメージなんやな~。
    ボケの西森の中小企業ネタとかもウチは好きなんやけどな。
    それに結成2年目といっても以前はトリオでやってたんやで。
    全国的な知名度で言うと最近その神々のネタで出てきた位やから
    いわゆる麒麟枠って奴やな。」

智美「だけに漫才のイメージが無いんだよね~。実力はどうなんだろ?」

成瀬「今年になって関西の賞レースでいくつか新人賞なんかもらってるから
    勢いはあるけど、あとは漫才の経験とネタの風呂敷次第やな。
    本人達も『神々ネタはドンドン出てくるけど最近漫才を作るのが難しいって
    感じてるらしいで。」

智美「ちなみに社長は彼らの『自転車の練習』のネタが大好きな様です。」

ナイツ
智美「4番手はナイツ。数少ない吉本以外からの出場だね。」

成瀬「東の漫才師やけどこのコンビは正直上手いと思うわ。
    最近流行のショートスタイルのバラエティーでもちゃんと漫才やってるしな。
    漫才も本格派で、加えてバンバンボケるスタイルやから勢いもあるし賞レース向きや。
    加えてネタ順も丁度いいくらいやしな。」

智美「確かに丁度会場もあったってくる頃だしね。出場者はやっぱり3~6番辺りが
    やりやすいみたいだね。」

成瀬「ただ、一つ気になる点があるとすると。ウラ的な話やな。
    規模的も吉本勢が多いから決勝進出が多いのはわかるんやけど
    今までの優勝者の流れを見ると
    吉本→松竹→吉本→人力舎→吉本→吉本→フラットファイヴ
    と、吉本以外が続けて優勝した年がないんやな。」

智美「でも決勝進出が発表される前からナイツは来るだろうって社長も言ってたし
    期待のコンビだね。」

U字工事 
智美「次はこちらも吉本以外からの出場、U字工事だけど。」

成瀬「・・・藤原は全然訛ってないな。ウチが言うのもなんやけど
    ホンマに栃木訛りってあんなにヒドイんか?
    ともかく地元栃木をウリにした漫才が武器でこっちも本格派やな。
    ただその栃木って武器が諸刃の剣でもあるけどな。」

智美「ははは。そして神田やちづる、六角さんを敵対視するの?
    で、諸刃の剣って?」

成瀬「知っての通りM-1は優勝する為には2本のネタがいるんやけど
    必然的にどっちも栃木がらみになると、よっぽど変化をつけたネタで無いと
    審査員の心を掴むのは難しいんちゃうかな?と思ってな。」

智美「なるほどね~。確かに実力は十分だけど賞レース向きではないのかも。」

ザ・パンチ
智美「続いてはザ・パンチ、意外にもラストイヤーなんだねぇ。」

成瀬「ここはツッコミの言い回しで笑わせるって変化球のコンビやね。
    そして同じような展開が続くからネタの組み立ては大事やね。
    だんだん面白くするように組み立てんと。
    最近ショートスタイルのネタ番組の出演が多いだけにそこが心配やね。」

智美「本格派が続くから流れ次第では十分決勝進出もあると思うんだけど。」

成瀬「只、ここも基本はボケが顔に似合わない妄想を言って、
    ツッコミがそれに突っ込みつつなじって笑いをとるスタイルはどのネタでも
    変わらんと思うから、ここも優勝狙うなら質と変化共に高いものが必要やけどな。」

智美「ともかく最後の年だから悔いの残らない様にして欲しいね。」

NON STYLE
智美「7組目はNON STYLE。このコンビも最近知ったんだけど。」

成瀬「大阪ではかなりの知名度なんやけどな。賞レースやNHKのオンバトでも
    グランドチャンピオンになってるから地力はあるで。
    ただ・・・地味やな・・・。最近こそレッドカーペットとかにも出てきてるけど、
    顔を売るという意味で逆にもうちょっと露出があったほうが良かったかも。」

智美「褒めてるのかダメ出ししてるのかわかんないけど、実力はあるって事だよね?」

成瀬「実力はあるで。ただそれ以外の所でツイてないというかな、
    M-1の今までの流れで
    『本格派は前半、個性派は後半の方が受けやすい。』って流れがあって、
    本格派は大きな衝撃が無いからダレて来た会場に呑まれる傾向があるから
    そこらへんに呑まれへんというのも大事や。」

キングコング  
智美「決勝進出最後のコンビはキングコング。このコンビは知名度が抜群だね。」

成瀬「そういう意味では頭一つ抜けてるな。TV慣れしてるという意味でも強いし、
    去年も優勝こそできんかったけど意地は一応見せたしな。
    ただ、安だけ大口叩いてた割には。っていうのは感じるわ。
    今年も梶原は優勝できなかったら離婚とか言ってるし、
    整形もできんかったやつができるわけないと思うけどな~。」

智美「それは社長も言ってたね。社長ビッグマウスは嫌いだからね。」

成瀬「ただあんだけ漫才以外の仕事もやって去年最終決戦に残っている実力は
    認めなアカン。去年優勝してないだけに意気込みも強いやろうし
    十分優勝もありえるわな。」

智美「最後にワイルドカードだけど、去年はサンドウィッチマンの優勝で
    決して侮れない存在になったね。今年も注目だね。」

成瀬「そやな。只この準決勝進出者見てると、普段漫才なんかほとんど見んコンビや
    今はバラエティーの仕事ばっかで漫才してる姿をTVで見せへんコンビが多々おるな。
    そんなんには勝ち上がってきてほしないな。」

智美「それはそうかも。漫才の賞レースだしね。ピンのR-1や今年はキングオブコントも
    始まったし、ちゃんと芸というか方向性にははポリシー持ってもらいたいね。」

成瀬「ま、事務所から言われて参加してるコンビがほとんどなんやろうけどな。」

智美「で、気になるコンビはいる?」

成瀬「関西だけでの知名度やけどギャロップや銀シャリなんかは
    本格派で面白いと思うけどな。智美は気になるんおるんか?」

智美「私はあんまり詳しくないからな~。今年が旬だろう髭男爵とかは別の意味でラストイヤー    になりそうな気がするから意地を見せて欲しいけど。」

成瀬「・・・厳しいんちゃうか?今年もひぐち君が復活コンビを誘導する姿が
    想像できるんやけど。」
   
智美「ちなみに社長のイチオシはオードリー、ネタにもよるけどプラスマイナスの2組を
    おしているみたい。
    で、肝心な優勝予想、まずは社長の予想はコレ。」

本命 ナイツ
対抗 キングコング
大穴 モンスターエンジン


智美「ナイツは実力と、この中で一番の漫才師らしさがを買って本命。
    キングコングは好きではないけど実力は侮れない。
    モンスターエンジンは好みで選んだみたい。」

成瀬「順当な感じはするな。ウチは大阪の中小企業の星、モンスターエンジンには
    もっと頑張ってほしい気はするけどな。
    ま、敗者復活もあるし、何でも勝負は蓋開けてみないとわからへんけどな。
     ともかく楽しみっていうのは確かやけど。」

智美「そうだね~。こうやって予想してワイワイ言ってるのも楽しいけど
    やっぱり放送は待ちどうしいよね。」
[PR]
by siroichigoy | 2008-12-10 02:09 | レッスルエンジェルス