レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

生まれ持ったスター性

トゥース!

連覇しましたねぇ。
しつこいのでタイトルからは外しましたが
今頃来島さんと千種は大盛り上がりでしょう。
しかし韓国の失敗は
奉重根投手の調子がいまひとつだった
というか流石に他国のトップ集団相手に
いかに相性がよかったとはいえ調子度外視でぶつけてくれたのはめっけもんでした。
流石にデータも揃うし調子も良くなかったら尚更だっつーの。
こちらはダルビッシュ投手から岩隈投手に先発を代えて正解でした。
現にダルビッシュ投手はリリーフの大事な場面でやらかしました。
アレがなければもっとすっきり勝てたでしょうに。
勝てたからこそ言えるんですが
若さから来る経験、精神面という所や藤川や山口という中継ぎ専門職を差し置いての
あの起用法だけはまだ納得いきませんね。
もし負けてたらどうする気だったのか?
しかしそんな事を踏まえてイチロー選手は最後の最後に大当たりしました。
今まで名前をだすのは避けていましたが
本人も言ってた「今まで谷ばかりだった。」「苦しかった。」等の発言の通り
ずっと調子は上がらなかったですが、
また、そういうことも踏まえたうえで3安打という復活を見せた中で
ああいう形で延長になり、ああいう形でイチロー選手に周り
そして決勝点を叩き出す・・・。確かに持ってるわ。この選手は。
すっげぇドラマチックというか、彼にスポットを当ててストーリー1本作れますよね。
レッスルで言えばゆっこさんやめぐちぐみたく
こういうところはやっぱり彼は資質Sだなぁと思ったよ。
ともかく選手の皆さんはお疲れ様でした&おめでとうございます&感動をありがとう!
しかし騒ぐまもなく今度はもうシーズンですねぇ。
シーズンでも頑張ってください。



(しかし連覇した事でまた日本野球を国際基準に合わせる機会は遠のくんだろうなぁ・・・。と嫌な予想)
最後はボヤいてみたり。

バァイ♪
[PR]
by siroichigoy | 2009-03-24 21:49 | レッスルエンジェルス