レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

短編集感想・其の四

トゥース!

本題の前にちょっとグチり。

螢野光さん主催の関西オフ会に
よく来て頂いてる方なら判ると思うのですが
あの愛車が不調・・・。
最近やたら燃費が悪いと思ったら
先週あたりからやたら車から降りたら
排気ガス&ガソリン臭かったし
昨日ガレージのヘリを見たら
マフラーの後ろあたりの位置が
黒いスス状のもので真っ黒に・・・。

今ディーラーに持っていったら
ガソリンと空気でエンジン回すんだけど
どうやらガソリンをやたら喰ってる模様・・・。
すぐには原因がわからないので預からせてほしいと。

実はこの車
先月はエンジンオイル周り
2月頃は電子キーの電池が寿命より早く切れ
買って一年位の時には向こうからリコールの情報があったからとかで
ハンドルの動きを前輪に伝える部品の交換。

くそ、新車で買ったんだぞ・・・。

自分の足の調子がよくなったらと思ったら
今度は交通の足がトラブル・・・。
困ったちゃんな車だねぇ・・・。

しかし6~7月は車だけでなくいろいろとトラブル続き・・・。
神様のイタズラか試練か呪い(笑)か・・・。
というわけで普段なら出かけてる時間に
家で足止めくらってしまったわけなのですよ。

長々と書きましたが短編集の私的感想は「More」より
今日は四話目の感想ですね。
ネタバレ大丈夫な方で見て頂ける方はどうぞ~♪



第4話の「プライドと執念」ですが
今回の話の中では一番シリアス路線ですかね。

まず話の冒頭にあるように
プロレスでの完璧な試合ってどういうものなんでしょうねぇ?
プロレスって他の格闘技やエンターテイメントとは
明らかに毛色が違いますから
ワンサイドでは無論ダメ。
見てる側ともかく、選手はもちろん勝たなければ意味がないだろうし。
確かに難しいですねぇ。

完璧な関節技への定義がありますが
これはちょっと齧った人間から言わせてもらうと
関節技に限らず、投げや打撃も受身や入る場所で
十分危険であります。
ただ、関節技が他の技と明らかに違うところは
くらう側にギブアップの選択があること。
くらう選手もプロレスラーです。
よほど試合中に疲労やダメージで朦朧としてるか
後先考えない無謀な選手でない限り
怪我や故障、無茶したことへの後遺症のことを考える筈で
その中で自分が耐えれる限界というのは知っている筈、
いや、知っておかなければならないです。

結論から言うと話の中に出てくる
身じろきも痛みもない完璧な関節技は
現実的にはまず無理であると思います。
先ほど挙げた中でのかけた側、くらう側のせめぎあいが面白いのであって
痛みもないが動けないのは、固め技の延長ではないでしょうか?
そして、プロレスの舞台には到底合わないと思うのですが。
試合を盛り上げるのにどう処理するの?と思ってしまいます。

この話は個人のプロレス感にかかわる話なので
試合までの流れは捉え方は各々違うでしょうね。
強者の言い分の下りもそうでしょうね。
ここは個人的には理沙子さんの意見に賛成ですね。
需要とレスラーとしての基礎があればいろんなタイプのレスラーが
居ていいというのが考えですから。

海外団体のイメージ(EWA除く)が
なんかパワー一辺倒みたいで間接に弱いみたいな
イメージつけられてますけど・・・。これは納得できんなぁ。

話が反れてしまいました。
この話は登場レスラーは4人と少ないですね。
南さんはこんなタイプなんですか?
完璧を求めるのはイメージ通りなんですが
ゲーム中より気難しいというか・・・。

ひかるちゃんは個人的にはWARS(というより龍子さんと一緒)
のイメージなんですがサバイバー2基準なんでしょうね。
二人ともJWI所属ですし。
それに補正もありますからこういう役はピッタシですね。

理沙子さんはもうフロント入りかぁ。
南さんとは6歳差、引退してコーチ後でフロント、
コーチを何年したかにもよりますが年齢的に
まだフロントはちょい早いとも感じますが
旧作からの流れだとこの役どころは理沙子さんしかいないですかね。

藤原は皆さん書かれてますが愛での空気読めなさっぷりがあったので
汚名を挽回できたといったところでしょうか。
私の中で藤原はさかなやキャラの中では資質や性格的には
かなり王道主人公イメージがあるんですが。
(現に1でも2でも1stプレイで雇い自団体チャンプ経験アリ)

試合からの流れはかなり王道的という感じがしました。
流血アリのハードな展開でしたが
子供の設定があったので
お話的には良くて両者ダウンドロー、藤原は勝てないだろうなと読めちゃいましたが。

その後の展開もまあ怪我した事を除けばハッピーエンドですかね。

最後の文3行は納得ですね。
盛り上がるためにはどの格闘技よりもプロレスには大事な要素でしょうね。 
この話は一番好みが分かれる話ではないですかね?
なんか、短編集の感想からは外れた感があるけど碁簡便を。

最後に、挿絵の理沙子さんがえらく若く見えたのは私だけでしょうか?

バァイ♪
[PR]
by siroichigoy | 2009-07-21 22:43 | レッスルエンジェルス