レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

全部当てるまで帰しま10!!第7話


さばいばるだんす ジム内
PM9:15


真鍋「つぎはさとみんか~。」

龍子「実家がファミレスなだけに
   元の番組については詳しそうだし。」

小川「はい。この企画では一番の
   戦力になるかもしれませんね。」

小縞「いや~。勝手が違うからわかんないですよ。
それなりに予想はしてみたんですけど」

岩城「で、どれにしたんです?」

小縞「はい、つかさの真似じゃないんですけど。」

上原「現にコイツ、失敗してるしね。」

真鍋「・・・うぐ。みんな厳しい・・・。」

零「・・・真似?」

小縞「はい、パワースラムってみんな覚えてるじゃないですか。
   なんとか10位以内には入ってないかな~、って。」

龍子「ああ、自分の得意技って事か。」

小川「と言う事は、実用性か趣向の5位か6位狙いですね。」

祐希子「確かに、私はまだ技を覚えてる途中だけど
    みんなは覚えて持ってるもんね。」

小縞「はい、なので狙ってもいいのかな~、って。」

渡辺「じゃあいくよ~。パワースラムでいいんだね。」

小縞「はい!お願いします!!」

渡辺・堀「はい、じゃあパワースラムの順位は・・・第・・・。」

(Moreへ続く。)








渡辺・堀「14位!!」

小縞「ええ~。ダメなんですか・・・。」

岩城「正直、これはくると思ってたんですけどねぇ。」

堀「残念だけど仕方ないにゃん。じゃ、呼ぶにゃん。」

石川「呼ばれて飛び出てきました~♪」

祐希子「そうか、パワースラムって石川さんがいたんだ。」

真鍋「ちなみにだ~りんはパワースラムは
    さとみんのイメージが強すぎて
    最初石川さんのイメージがなくて
    外人選手を呼ぼうとしてたのは楽屋ネタで。」

零「誰に・・・説明してる、の?」

石川「聡美ちゃんごめんね~。えいっ!」

小縞「え!あわわっ(汗)」

石川「・・・それっ!!」

ズダーン!!

小縞「あいたたた・・・。」

上原「やっぱり石川のは重いなー。」

真鍋「きっと胸補正だよ。」

岩城「余計なこと言ってるとまたのされるっすよ。」

小縞「すみません・・・。流れに乗れませんでした。」

龍子「仕方ないよ。かなりクサイ所だったからね。」
[PR]
by siroichigoy | 2010-05-12 01:40 | レッスルエンジェルス