レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

全部当てるまで帰しま10!!第12話

さばいばるだんす ジム内
PM11:00


一同「Zzz・・・。」





渡辺「ありゃりゃ・・・。やっぱりというか。」

堀「練習後だし、流石にこれだけ間を空けたら
眠ってしまうにゃん。」

渡辺「綿密には15分しか経ってないんだけどね~。
   ほらほら~。みんな起きて起きて~。」





祐希子「・・・ふわぁぁぁ・・・。」

真鍋「・・・Zzz。」

小縞「うわ。つかさ立ったまま寝てる。」

岩城「こんなトコだけ器用っすねぇ・・・。」

零「(コクコク。)」

龍子「あたし達、どれくらい寝てた?」

堀「ん?20分くらいにゃん。」

上原「もっと寝てたような感じがしますが・・・。」

渡辺「気、気のせいだよ、気のせい♪」

小川「本当にそうでしょうか・・・?」

堀「さーさー、そんにゃ事言ってないで早く再開するにゃん。
  本格的に寝れなくなるにゃん。」

上原「ですね。明日に差し支えますから
   早く終わらせてしまいましょう。」



と意気込んだメンバーだったが・・・。

(Moreに続く。)



上原「不知火!!」

渡辺・堀「15位!!」

藤島「上原さん、ゴメンね~♪」

ズダーン!!

上原「くぅっ!!」


祐希子「卍固めで!!」

渡辺・堀「29位!!」

鏡「ウフフ・・・祐希子さん。
  覚悟はよろしくて?」

ギリギリギリ・・・

祐希子「・・・っ!!ちょ!鏡さん!!
    ヤバイヤバイ!!それ以上はホントに!!」

龍子「アルゼンチンバックブリーカーだ!!」

渡辺・堀「60位!!」

来島「え、ラリアットじゃなくてアルゼンチン?
   ちっ!仕方ないなー。」

ギリギリ・・・
ゆっさゆっさ

龍子「う、ぐぐぐ・・・!!」

小川「アンクルホールドでお願いします!」

渡辺・堀「52位!!」

杉浦「ひかるさん、申し訳ありません。」

ハシッ。グググ・・・

小川「あああぁっ・・・!」

真鍋「飛び技はまずはこの練習といっても過言じゃない!
   基本に忠実、ドロップキックだ!」

渡辺・堀「50位!!」

相羽「なんでボクがドロップキックなのさ!?」

堀「いや~、相羽ちゃんの必殺技って
  ジャーマンとフェイスクラッシャーじゃない?
  もう代名詞的な娘がいる上に、もう順位もでてるし。」

堀「そこでミス普通の相羽ちゃんには基礎技が似合うという事で
  お願いしたのじゃん。」

相羽「普通って言うなぁぁっ!!」

バチーン!!

真鍋「うぎゃ!!」

渡辺「おー!綺麗なドロップキック♪」

堀「ヤケクソ補正もついて威力は気持ち高いにゃん。」

岩城「やっぱコーナーポストからのい攻撃って醍醐味ですよ。
   ミサイルキックでお願いします!」

渡辺・堀「26位!!」

RIKKA「・・・!!」

ドガッ!

岩城「っ痛!!・・・。どこから!?」

堀「りっかちゃんらしいにゃん。」

渡辺「受身取れないから次はちゃんと
気配ぐらいは出してくださいね~!!」

真鍋「次があるのかよ!!」

零「キャプチュード・・・。」

渡辺・堀「47位!!」

理沙子「ごめんなさいね!」

ズダン!!

零「ううっ・・・!」

小縞「7連敗・・・。う~ん。
    ダイヤモンドカッターでお願いします。」

渡辺・堀「25位!!」

森嶋「サヨナラ・・・。」

ダアァァン!!

小縞「きゃあぁぁっ!」


なんとまるまる一巡不正解!!


ずうぅぅぅ~ん・・・。

渡辺「うわ~・・・。声かけづら~・・・。」

堀「肉体的にも精神的にもキツイにゃん。」

ふっふっふっ。お困りのようだな。

小縞「あ、社長。」

祐希子「ええ、と~っても(怒)」

上原「誰のせいでこんな目にあってると思うんですか。」

龍子「声だけじゃなくコッチに来い。
   あたしらの苦労をみっちりとわからせてやる。」

・・・私は行けないが苦戦している君達に
頼もしい助っ人を用意した。


真鍋「結局、だ~りん自体は逃げてんじゃん。」

小川「しかし助っ人・・・ですか?」

ああ、それでは今から向かわせるぞ!
十二分に期待しておいてくれ!


渡辺「この展開は私達も聞いてなかったけど。」

堀「一体誰なのかは次回へ続く!にゃん。」
[PR]
by siroichigoy | 2010-06-04 21:47 | レッスルエンジェルス