レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

さばいばるだんすのモンハン日記 其の一

この記事の冒頭部分

ボス「・・・じゃあ、入らせてもらうとするか。
   堀が入ってたパーティはどこだ?」

祐希子「あ、ボスー。こっちこっちー。」

上原「祐希子、直接呼んでも意味がないよ。」

藤島「ボス、クエストの「暗闇に蠢く猛毒!」に入ってもらえる?」

ボス「ギギネブラか。これくらいなら本意気ださなくてもいけるな。
   みんなの武器見て装備変えてからくるか。
   祐希子が大剣、上原が弓、藤島が片手剣・・・か。」

祐希子「うん。だって一番主人公っぽく写ってたしね。大剣が。」

ボス「・・・ま、まあ大剣は立ち回り以外は使いやすい武器らしいからな。
   (自分で主人公っぽくって・・・、まあナチュラルに言えるのが祐希子らしいか。)」
   ぶらさがりが厄介だしリーチの長めのスラッシュアックスでいくか。」



(そして討伐中)

上原「弓は遠距離武器の中で、何より残弾を気にせず使えるのがいいですね。」

祐希子「上原さんの貧乏性―。」

上原「・・・祐希子。(怒)」

祐希子「わ!上原さんこっち狙ってるでしょー!」

ボス「ま、まあ確かにボウガンはリロードとかがあるしな。
   慣れないうちは手こずるさ。」

藤島「二人ともー、仲間割れしないでちゃんと戦って下さいよー。
   只でさえ伸びるし毒だし天井に貼りつくんで片手剣だと
   苦労するんですからー。」

祐希子「そんなに言うんなら武器変えたらいいじゃない。」

藤島「えー、だって他の武器って、ゴツゴツしたり
   禍々しかったりしてるじゃないですかー。
   これが一番かわいいし、それに剣と盾の組み合わせも
   主人公っぽくないですか?」

ボス「藤島もかよ!(笑)・・・まあこういう娘だってのは
   わかってはいるけどな。」



討伐完了。

ボス「何故だ・・・思ったよりも苦戦したな・・・。」

祐希子「上原さんが狙ったからー。」

上原「祐希子・・・、明日の練習、特別メニュー決定な。」

祐希子「酷―い!!」

藤島「あー・・・。このモンスターの素材、不気味な装備しか作れないんだっけ?」



続く
[PR]
by siroichigoy | 2011-03-15 11:33 | レッスルエンジェルス