レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

さばいばるだんすのモンハン日記 其の二

この記事の冒頭部分

さばいばるだんすのモンハン日記 其の一

ボス「じゃあ、他のパーティーでも見に回ってくるか・・・。」

・・・くい、くい
   
ボス「ん?なんだ、零。」

零「・・・ボスのプレイ、見せて、欲しい。」

ボス「んー、やっぱりゲームとかは苦手か?零。」

零「・・・みんなで遊ぶのは、楽しい、けど
  慣れてないから、足、引っ張ってる。
  ・・・見るのも、勉強かな、って思って。」

ボス「まあ、そう言う事なら構わんが、誰とやってた?」

岩城「あ!ボスー!私達ですー!こっちですよー。」

ボス「・・・岩城に龍子に小川か。
   (そして岩木も祐希子と同じ反応か(笑)まあ、本質は似てるしなー。)
   他にもいるが龍子もやるなんて特に意外だな。」

龍子「・・・つ、付き合い程度だよ。」

小川「あ、すみません。土砂竜ボルボロスのクエストを取って貰えますか?」

小川「ボルボロスか、これは流石に何度も倒してるし大丈夫か。
   例によって装備確認を・・・
   龍子がハンマー、小川がライトボウガン、岩城がガンランス・・・
   斬り手や手数に乏しくないか?」

龍子「ああ、零が大剣持ってるからね。」

ボス「なら俺は双剣でいくとするか。」



(そして討伐中)

ボス「尻尾切れたぞー。」

龍子「よし!頭部も破壊したよ。」

ボス「やっぱ打撃武器が一人いると便利だなー。」

岩城「龍子さんって、猪突猛進型のモンスターには強いっすよねー!
   その分遠距離攻撃や厄介な行動するモンスターには苦戦しますけど。」

龍子「岩城・・・。お前も大概だけどな。
   それに正面からぶつかり合うのが性に合うんだよ。何でもね。」

ボス「やっぱゲームにも性格ってでるよなー。
   小川のライトボウガンもなんか妙にしっくり来るしな。」

小川「はい、立ち回りが軽いのと、色々な弾でサポートできるので
   気に入ってるんです♪」

ボス「しかし岩城のガンランスは正直意外だったな。
   もっと扱いやすい武器を使うと思っていたが
   テクニカルなガンランスとはな。」

岩城「だって砲撃とかフルバーストですよ!
   なんか響きにロマンがあるじゃないですか!
   ・・・って言ってる間に竜撃砲、行きますよー!」

どーん



(討伐完了)

ボス「全く捕獲しようって言うのに・・・岩城、攻めすぎ。
   ま、なんとか捕獲できたしこんなもんだろ。」

岩城「はははははー♪」

龍子「小川、こいつからハンマー作れるんだっけ?」

小川「えーと・・・あ、はい。今使ってる武器より
   強いものが作れますね。」

真鍋「あー!!またー!!」

ボス「ん?なんだなんだ?」


まだ続く
[PR]
by siroichigoy | 2011-03-17 01:48 | レッスルエンジェルス