レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

さかなやーずは?栗浜、神楽、獅子堂は?

昨日(今日)も帰ったらAM2時。まあファミ通を立ち読みしたので会社を出たのは1時過ぎなんですが。今日も半日出勤してきました。こんな修羅場はもう少しで終わる。と信じたい・・・。
そのファミ通ですがレビューだけ。
少し厳し目?でも6~5とまあ予想していた通りかな。と。
というか6日発売はサバイバー1本だけなんですね。
試合が地味。そりゃ私らもグリグリ動いたりとかして欲しいが120名以上居るんだよ?それぞれ絵を描く?動かすってのは正直労力的にはすごい物になるでしょうに。
実質今の技絵ちゃん4コマぐらいが一杯いっぱいなんじゃないかな?と。
説明が足らない。これは前作でもよく言われていたみたいですね。
大丈夫。いろんな意味でエロ本(攻略本)は必買だから(爆)
繰り返し業務が多いのは仕方ないんじゃない?シュミレーション系は大概そうですし。

経営がシビア?これは経営が順調になっても。という事だろうか?
前作は序盤5年位を乗り切ればあとは安定したプレイが出来ますからね。
最後に、1本だからこそ「これからの新作ラッシュに向け貯金した方は」ってのは作品のファン、開発陣に対して酷くない?

「More」からは公式更新について



更新は開発雑記、ダウンロード、キャラクター

開発雑記、発売もあと一週間を切り、第二陣の雑誌掲載情報。
チャンピオン、ファミ通は確認済み?あれ?少年マガジンは?
しかし色んな所に展開をされていますね~。これは素直に良い事だと。
でも肝心のプロレス系はさっぱりだったんですね。

ダウンロードはバースディ壁紙
チョチョとナスターシャの海外トップのお二人ですね。
二人とも麗しい。流石貴婦人と女王。

キャラクターは電プレに既出の五人。
じゃないかなとは感づいていましたが正直ガッカリです。
だってまだ紹介されてない日本人レスラーがいますよ?
ゲスト絵師さんのキャラ、栗浜ちゃんもまだ紹介されていませんよ?
名前だけ出てる神楽紫苑と獅子堂レナって一体誰なんですかー?

前作は何とか発売までには全キャラは出したんですよね?どうする気なんだろ?発売まで他の日に更新なんてのは無さそうだし。

グレース・ハン
「リングに上がった以上、逃がしはしない!」掛け合い時の台詞?能力的には中堅あたりだろうから新人、若手などの相手も多いだろうしそれを考えると合いますね。
キャッチコピーは中国4000年のプライド。の割には前作で言うとウォン姉妹より弱いんですよねぇ・・・。
でもウォン姉妹はギミックっぽいというかアメリカ系チャイニーズっぽく見えるのに対し、グレースはガチの中国系に見えます。
プロフィールにはプライドの下りに「修練に裏打ちされた実力からか」が追加。
これを見ると能力は上がっているのかもしれません。
160cm 83/59/85とレッスル勢の中では標準的なスタイル。でも脚は綺麗です(爆)
電プレのポーズもいいけどこの公式のポーズもいいなぁ。
必殺技は延髄斬り。跳躍力を生かした打撃だからこれは納得か。
もう一つの必殺技は前作基準だと、意外にもパワーも同じ位伸びるんですよね。
スピード系のパワー技が似合いますね。
声優さんは遠藤智佳さん。前作ではミス・マスカレード、今作ではコリィを担当されています。
すみません、中堅だったんであんまり二人とも雇ったこと無いのでサバイバー2では是非雇って聞いてみよう。

ターニャ・カルロス
「イタダキマース!」・・・必殺技時の台詞でしょうが、カタカナといい内容といいカワイイナ。
キャッチコピーは野生のパワー。イタダキマースといい真帆と被るか?
お姿は変わって野生色は薄れた感じがします。
やはりプロフィールにマスコット的な人気という物が追加されてます。ハリキリ効果ですよね。
150cm 77/53/80と外人勢の中では一番ちんまいです。
瀬一杯ちまっぷりは出ていますがある意味YOUJIさんイメージが一番強いキャラだもんなぁ・・・。
必殺技はDDT。ガチでパワーボムやアルゼンチンなんかはあまり想像出来ませんのでこれが一番しっくり来るかもしれません。
もう一つの必殺技は飛びが得意なのでヒップアタックやフライングボディプレス、アタックなどのぶち当たり系が合いそうです。ちんまいけど精一杯、みたいな。
声優さんは伊藤かな恵さんという方に変更。

ミレーヌ・シウバ
「殴られる覚悟は出来てんだろうな?」・・・蹴りのポーズで何を言う。
そうかまこっちゃんイズムだな。
前のミレーヌはストイックな感じがしましたが今作のミレーヌは強気な感じがひしひしと感じます。
キャッチコピーは褐色のマシンガンと弾丸からグレードアップ。
プロフィールはかなりの変更が、「打撃のラッシュスピードから褐色のマシンガン」と追加され
野生の咆哮の下りが消えてます。
163cm 85/58/84と目立たないのですがかなりのスタイルの持ち主です。
ストイック系はあまり気付かない事が多いですよね。
必殺技はニーリフト、まあムエタイなんで妥当かと。
もう一つの必殺技は前作では次いでパワーが伸びます。ラッシュからヘッドバッドやラリアートが似合いそうだな。
声優さんは柳井久代さん。イザベラとジョディもやっていますね。3人ともタイプが違うのにすごいですね。

マリア・クロフォード
「あなたの苦痛は私の快楽・・・。」必殺技時?勝利時?完全に科学者から女王様へと転職です。(プロレスラーだ。)
キャッチコピーはマッドサイエンティストですが見た目からはとても・・・。眼鏡が戻ってきたがそれぐらいか?
プロフィールは大きな変更はなし。しかし本当に鏡さんと合いそうだな・・・。
165cm 85/59/83とナイスなスタイルですが前作の衣装ではあまり感じませんでした。それよりも衣装の大幅チェンジがでかいですよね。
必殺技はサソリ固め。他の方も書いておられますがこれでは相手の顔が見えないんですが。
おそらくスコ-ピオンデスロックの響きから来ていそうと感じるのは私だけでしょうか?
もう一つの必殺技は彼女も前作基準だとパワーが次いで高いです。
アルゼンチンなんかでギリギリ絞るか、DDT、パイルなど首をえげつなく攻めそうな感じですね。
声優さんは斉木美帆さん、チョチョさんと同じ方ですね。チョチョさんのお声は覚えてるんですが、マリアさんはちょっと覚えていない。彼女も買ったら再確認ですね。

ユン・メイファ
「蹴って蹴って蹴りまくるっ!」いいかい?真琴、ミレーヌ。これが正しい蹴り技主体の格闘技から転進した娘の台詞だよ。
キャッチコピーは韓流熱血少女。ピッタリだと思いますね。特に今回のお姿になって。
プロフィール、ベースとなるスタイルの所に打撃から更に細かく蹴りと特定されてます。打撃や飛び技が全て蹴りで構成されているとか、にはなってませんかね?
156cm 82/57/84と彼女は標準なんですよね。前作は顔が幼く見えた&他のブログさんとかでも若手の扱いが多かったのでこんな意あるとは思いませんでした。
ポーズは腰を落とし格闘技の基本の型ですね。デザイン一新でこういう凛々しいポーズも似合うようになってます。しかし、やっぱり穿いてないのでしょうか?(爆)
必殺技はステップキック。この技でも確かに蹴りまくれますが、コンビネーションは欲しいよなぁ。
次いでは前作基準だと飛び技が多いですね。まあ飛び技にも蹴り技が多いので納得です。
声優さんは安田美和さん、エミリーの方と一緒ですね。ジュリアは出れるのか?

残りのキャラは発売後に更新という事ですかね?
しかし外国人ですが気になる事が。
今回の更新で39人。雑誌にレッドフェンリルが載ってたから恐らくフェンリルズは確定。1人だけあぶらすなんてかわいそうな事はしないと思うのでエレナも恐らく出れるでしょう。これで42人。
前作は6団体に7人ずつだったのでこれで42人、残っているのはあと5人・・・。
・・・アリシア、ジュリア、パトリシア、マユリ、マスカレード、出れますよね?
[PR]
by siroichigoy | 2008-11-02 01:34 | レッスルエンジェルス