レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

闘京女子プロレスは大阪に本拠地を構える中堅団体。
老若男女誰でも楽しめるわかりやすいプロレスを目標としており
団体人気は関西を中心に浸透しつつあるも
規模としてはまだまだなので所属選手はそう多くない。
その為、現状は海外団体との提携や
国内、海外問わずフリーの選手との契約での
所属選手VS外敵というマッチメイクが日々の興行の基本となっている。
その為、今日対峙する渡辺と小縞も同期ではあるが
両名ともアイドル路線の売り出しという事もあり
シングルで対戦した事は本当の新人時代に数度、そして
突発的に組まれるタッグ戦ぐらいでしか対戦がなかった。

只、普段から練習等、行動は共にすることの多い二人。
闘京女子を以前から知るものの声では当初は小縞が優勢と言われていたが
ここまで他団体の選手と対戦してきて、両名とも同ポイントで並んでいる。
この大会での印象としては両者互角、勝負を分けるのは
お互いをどこまで知っているかという事なのかもしれない。

エンジェルカップ 13日目 第二試合:シングルリーグ公式戦

小縞聡美(闘京女子プロレス)VS渡辺智美(闘京女子プロレス)
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-31 04:39 | レッスル・企画物
渡辺「痛た・・・。っ!染みる染みる!!
    聡美~。もっとやさしく~!!」

小縞「動かないでよ~。それに自業自得じゃないの。
    私達や社長、それにお医者さんにもやめとけって言われたのに
    ゴンゴンぶつけるんだから。」

闘京女子の控え室
渡辺が小縞に、今日も派手にぶつけた・・・もとい活躍した
頭の怪我の治療をしてもらっている。

渡辺「だってさ~、アタシの貴重な突破口なんだもん。
    それにやっぱり、注目集めるじゃない?
    こんな可愛い娘が流血戦に物怖じしないのも。」

小縞「はぁ・・・。そんな気軽に言うけど
    見てるこっちはハラハラしてるんだからね。
    いつ大怪我にならないか心配なんだから。」

渡辺「じ、じ~ん。聡美~・・・。そんなに私の事
    心配してくれてんだ~。嬉しいよ~♪」
    
小縞「わ、わわっ!智美!?抱きつかないで!
    消毒液こぼしちゃう!!」

社長「何じゃれあってんだ二人とも・・・。」

渡辺「あ、社長~♪」

小縞「あ~ん、こぼれた~・・・。」

渡辺「その調子だと頭は大丈夫そうだな・・・。」

小縞「社長、その言い方だと智美が
    頭ぶつけすぎてバカになったみたいな言い方ですよ。」

渡辺「むっか~。その言い方はヒドくない?」

社長「それよりも、その調子じゃ最終戦は見てないみたいだな。」

渡辺・小縞「うん。(はい。)」

社長「あの鏡って選手が勝ったよ。
    容姿といい実力といいホント若手か?
    が、それよりもこれ見ろ。」

と言って差し出したのは、今日の時点での星勘定が入ったリーグ表。

渡辺「お~・・・。上と下以外は見事な横一線。」

小縞「という事は、鏡さんが勝ち抜けなのは確定として
    金井ちゃんは、敗退か・・・。」

社長「もっと大事な事、気づかないか?」

渡辺・小縞「へ?(はい?)」

社長「お前ら明日の試合で勝ったほうだけが
    決勝T進出確定だぞ。」

渡辺「お~!!よく見てみると確かに。」

社長「楠木って選手が勝ってもお前らどっちかの3位以内は確定だ。
    それに7Pの選手達が勝っても
    9Pで並んで4位が決まらない・・・という可能性もある。
    1Pの差が大きくでてるな。」

小縞「一試合一試合に集中してて気づかなかったんですけど
    私達かなり健闘してたんですねぇ。」

社長「これは明日は同門対決という事もあって
    各団体内で考えることがあるかもしれんしな。
    結構でかいイベントになってしまったし
    だけに団体を背負ってしまうからなぁ。」

渡辺・小縞「ちなみにうちは・・・。」

社長「あ、いや俺からは何もないさ。そんな無粋な事いうもんか。
    お前らの悔いのないようにやればいいさ。」

渡辺「は~い♪聡美っ!悪いけど決勝に行くのは私なんだからね!」

小縞「智美、私だって負けないからね!!」
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-28 23:15 | レッスル・企画物
小早川「なんだあれ?あたしの猿まねじゃんか。」
ここは月女の控え室
小早川が試合を移しているモニター越しに呟く。

一方龍刃道場の控え室
富沢「流石にアレはオーバーだろうけど、包帯コス・・・。って訳じゃないみたいね。
   あの娘、前の試合で結構グロい事になってたし。
   でも素材はいいなぁ・・・。どーにか誘えないかなぁ・・・。」
金井の付き添いで来ていた富沢が同様にモニターを見て呟く。

二人がモニター越しに呟いた視線の先には
先日のライラ戦で大流血戦を繰り広げた渡辺
流血していた頭をはじめ首や胸部、そして何故か
あまり負傷していないだろう腕や足の一部にも包帯が巻かれていた。
上記はともかく手足の包帯の理由は・・・おそらく目立つ為だろう。

対峙していた本日の対戦相手のオーガ朝比奈は
半分あきれつつも、その自分のレスラーとしての
自身への徹底ぶりに笑みを漏らした。
(こうやって利用するあたり、大丈夫ってわけか・・・。ならな!)

エンジェルカップ 12日目 第四試合:シングルリーグ公式戦

オーガ朝比奈(百鬼夜行)VS渡辺智美(闘京女子プロレス)
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-28 21:00 | レッスル・企画物
綾VSつばさ戦終了後

(負けたんだ・・・。)
カウンターでの丸め込みによって負けたんだ、と
理解できたつばさ。
そして何を思ったか市ヶ谷選手と共にいる
綾の所に、市ヶ谷選手を警戒しながら近づいてゆく。

「あら、負けた蟹頭さん、どうしましたの?」
市ヶ谷の上から発言に耳を貸さず綾のもとへにじり寄り
「・・・な、なに??」
綾が市ヶ谷の背に隠れて覗くような体勢でつばさを見る。

「・・・ない。」

「え?」

「もったいない。」

「一体なんですの?頭でも打ったのではなくて?」

「・・・一人でもあれだけ攻撃に耐えれて
 ・・・あんないい丸め込み持ってるのにもったいない!!」

「・・・え?え?え!?」

さっきまで戦ってた相手に
褒められてるのか怒りをぶつけられてるのか
綾は混乱している。

「そんなのじゃいつまでたっても一人でなんにもできないし
 大人になれないんだからー!!」

そう言い放ってダッシュで引き返していくつばさ。

「まさに負け犬の遠吠えですわね。綾、あんな蟹頭っ子の
 言う事なんて気にしなくてよいですわよ。」

「・・・う、うん・・・。」


数分後の闘京女子控え室にて

つばさ「うわ~~~~ん!!(涙)」

社長「試合後の食って掛った勇ましい姿はどこへいったんだ・・・。」

つばさ「だ、だってぇ・・・やっぱり悔しいんだも~ん。わ~~ん!!」

小縞「まあ、場外も反則も5カウント以内なら許される、それもプロレスですからね~。」
    
内田「それに悔しいと感じるのはいい事よ。野村。そこから学ぶべき事が沢山あるわ。」

上戸「それにあのエルボー直撃をよく返したな。市ヶ谷の介入があった中、いい試合したぜ。」

社長「まあ、気の済むまで思いっきり泣け。まだ3位決定戦があるし
   切り替えていかないと名。それにどこかの歌手も言ってたしな。
    『涙の数だけ強くなれるよ。』てな。今日の教訓を活かせばいいさ。」

つばさ「ぐすっ・・・。うん・・・。わ~~~~ん!!」





数時間後

小縞「あ!社長!どうでした・・・?」

社長「ああ、出血こそ多いが、幸いな事に額の傷は
    そこまで深くないみたいで痕も残らないようだ。
    頭も首も異常はない。との事だ、ひとまずは一安心だ。」

小縞「そうですかか、よ、良かったぁ・・・。」

内田「あの血塗れな姿で控え室に戻ってくるなり
    意識なくして崩れ落ちるんすもの。
    流石に誰でも焦るわよ、あれは。」

上戸「まあ渡辺ってああ見えて意外と頑丈なんだよな。
    体も柔らかくて受身もダントツで上手いし
    あれで今日みたいにあんだけガチで張り合えるなら
    正統派でもやってけるんじゃねーか?」

社長「いや、あいつを突き動かす原動力は『目立ちたい』一点だからな。
    それであれまでやれるんだからあいつは根っからのアイドル肌だよ。」

小縞「そんな事よりも、明後日までには大丈夫なんですか?」

社長「まあ気になるのは出血だけといってたし明日には退院できるだろうし
    まあよほど止められない限りは、本人が出ると言い張るだろうさ。」


翌日、闘京女子のジムにはアドバイス通り吹っ切れたのか
3位決定戦に臨むべく特訓を志願した野村に
所々、包帯やテーピングで痛々しい姿ながらも
笑顔でトレーニングに挑む渡辺の姿があった。
        
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-28 00:55 | レッスル・企画物
「オラァッ!!」
ライラ、入場と同時に既にリングで観客にアピールしていた渡辺に
荒々しいナックルパートで襲い掛かる。

「何度アンタの試合見てると思ってんのよっ!!」
ライラが奇襲してくる事を読んでいた渡辺。
側面を向きつつ勢いをつけたトラースキックで
ライラの喉元をカウンターで打ち抜く!
「グェッ!!」
不意の急所への一発に後方に仰け反るライラ。
この時点でようやく試合開始のゴングが鳴らされる。

エンジェルカップ 11日目 第三試合:シングルリーグ公式戦

ライラ神威(百鬼夜行)VS渡辺智美(闘京女子プロレス)
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-27 08:03 | レッスル・企画物
観客の入場前にリングへ下見に来た
闘京女子の社長と野村つばさ選手。
つばさ「うぇぇぇぇ~・・・。」
社長「やっぱりこの様子じゃ・・・いるよな~。」
二人の視線の先は相手選手側の花道
前回同様、そこだけ会場の雰囲気に似つかわしくない
レッドカーペット、そしてその両脇には薔薇がぎっしりと。

つばさ「・・・社長~・・・。」
社長「ま、昨日のみんなのアドバイスを守る事、だな~。」





「えーいっ!!」
「わぶっ!?」
つばさの入場中への榎本のヒップアタックが炸裂。



「おーーーーーーほっほっほっほっほ!! 
全国6000億人のビューティ市ヶ谷ファンの皆様!!・・・。」
どうやら選手達の入場前に、いつも通りのお約束のフレーズを口にして
入場していた市ヶ谷。その市ヶ谷を警戒するあまりに
視線はそこ一点に注がれてしまっていたつばさ。
そこへ観客席に紛れこみながら近づいてくる
綾が全く目に入っていなかった為、この一撃が見事にもらい
大きくふらつくつばさ。
場外での奇襲攻撃。このような台詞が全くと言っていいほど似合わない
綾選手の一撃に合わせてゴングが鳴らされた。

エンジェルカップ 11日目 第二試合:ジュニアトーナメント準決勝B組

榎本綾VS野村つばさ
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-26 23:06 | レッスル・企画物
つばさ「・・・ど、どうだった!?」

社長「あ~・・・。」

つばさ「・・・ごくり。」

社長「・・・やっぱ駄目だった。というか言われたよ。
    『正直、私なんかじゃ止められないですよ。』って。」

つばさ「・・・や、やっぱり~・・・。無理だと思ってたけど
     こうつきつけられると凹む~・・・。」

他選手一同「まあ・・・何と言うか・・・。」

つばさ「・・・へ?」

他選手一同「・・・ご愁傷様。」

つばさ「前にも聞いたよっ!!」

内田「まあ、アドバイスするなら
    何があっても場外には行かないことね。」

上戸「だな。対戦相手の二人とも場外に出て
    そこを市ヶ谷に痛めつけられてんのが敗因だからな。」

小縞「市ヶ谷さんがどれだけ規格外でも
    流石にジュニアのリング内にはあがったらまずいですしねぇ。」

渡辺「万が一上がられても5カウントまで逃げりゃいーじゃん。
    明らかに反則なんだしさ。これは流石に運営も見逃せないでしょ。」

社長「と、言う訳だ。上がってきたら俺もそこは抗議するから腹をくくれ。」

つばさ「うう~・・・。」

渡辺「もう!つばさちゃん先輩!!
   対戦相手自体はあのちみっ子でしょ?ドーンと構える!!
   アタシだって腹くくってんだからね!」

社長「そうか、野村の事ばっかりに気をとられていたが
    こっちもこっちでやっかいなんだよな~。」

小縞「闘ってわかりましたけど、ファイトスタイルはもちろん
    禍々しさが半端じゃないですよ。」

内田「引き分けたのは残念だけどあれだけ正面でぶつかって
    あれだけで済んだのはよかったわね。小縞。」

上戸「受身関係ねぇもんなぁ。アイツの攻撃。
    小縞はパワーで乗り切ったが、大丈夫か?渡辺。」

渡辺「・・・な、なるようになる!!」

渡辺「お前ら、対照的だな・・・。二人とも別の意味で心配なんだが・・・。
    とにかく野村は平常心、渡辺はやりすぎるなよ。」    
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-25 23:00 | レッスル・企画物
渡辺「あ・・・社長・・・。痛っ!・・・もっと・・・優しく・・・。」

社長「・・・・・・・・・。」

渡辺「あん♪・・・そこ・・・。」

小縞「・・・智美、何紛らわしい言い回しをしてるのよ・・・。」

社長「おう小縞、もっっと言ってやってくれ。
    さっきからずっとこんな調子なんだ。
    外から聞かれたら誤解されるだろうが・・・。」

渡辺「だってぇ、実際に気持ちいーよ。社長のマッサージ
    伊達に整体の資格取ってないね。」

小縞「しかし、よく踏み込んだねぇ。
    私も貰ったからわかるけど
    アレ手加減ぬきで貰ったら半端じゃないよ。」

渡辺「聡美もマッサージして貰ったら良かったじゃん。」

小縞「え?あ、そうだった・・・じゃなくて!
    もしあそこまで振っといて全力で貰ったら
    どうするつもりだったの?」

渡辺「・・・ま、全力で貰っていても
    あそこまで痛がるそぶり見せていたら
    絶対狙ってくるとは思っていたし
    来るってわかっていたら準備はできるしね。
    それでもまあかなりキツかったんだけど
    まあ、腰も今は痛いけど
    尾を引く感じじゃないし、結果オーライ?」

社長「危なっかしい作戦だな・・・。」

渡辺「・・・だってさー、それぐらいしないと
    勝てないと思ったんだもん・・・。」

社長「まあ、その執念に免じて許すとするか・・・。
    レスラーとしてそういう部分も必要だからな。」

渡辺「それよりさっ、あの迫真の演技どうだった?
    まーこの通り半分ぐらいはやせ我慢なんだけどさ。
    それを差し引いてもイケてたでしょ?
    社長、映画とかどう?プロモーションしてみてよ~。」

社長「はは・・・、まあ、考えとくさ・・・。」

    
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-23 23:46 | レッスル・企画物
おはようございナス!
もっふんにょ!!


第5回アジアタッグですが
昨日ホントのギリギリで3戦終えましたっ。
勝ち抜けが2軍団さん
3勝2敗で評価待ちの軍団さんが二つと
突破を考えると非常に厳しい状況となっておりますが・・・
という訳で結果をドン!!

VSフリーダムスさん
お相手は芝田美紀嬢にゴブリン朝比奈。
芝田嬢とはほとんど対戦がないのでレアですね。
芝田のお嬢は打撃攻撃特化であとは平均的な育成。
初期カードに投げと極めが多かったので
2~3発もらったところでうちは中森さんにタッチ。
すると向こうも朝比奈にタッチ。
朝比奈もパワー攻撃特化といった感じです。
スリーパーで意外にも減るのは二人とも器用さがないのかな?
極めカードが結構くるので中森さんで結構削って
カードが変わったころにまた北条さんにタッチ。
ただすぐにカードが中森さん仕様に
カードを処理しまたも中森さんにタッチ。
ストレッチプラムで絞る絞る。
これがなんと低いカードでも通り通り
最後はフォールを奪える貴重な極め技
ドラゴンスクリューで勝利です。

ここからが2次確定の軍団さん

VS白波さん
4勝1敗の軍団さん。
お相手は石川鈴香姉と南利美さん
石川さんは投げ、極め、パワー寄りでパワー特化な能力。
またもカードが中森さん仕様なんでショルダーを入れてタッチ。
ただ石川さんは極め、投げも得意。
そうして向こうも南さんにタッチ。
南さんは極め、投げ、打撃特化仕様です。
必殺が来て北条さんにタッチ。
思えばパワーで石川さんに負け
南さんに関節で負けてるので
うちの二人共の良さを潰されています。
さしたる爪痕も残せず
最後はネオサザンクロスで中森さんがギブアップ負けです。

VSテスタロッサさん
5戦全勝の軍団さん。
お相手はトノト神威とジャガー理沙子さん
神威さんは極めを筆頭にアジアタッグ制限内でちゃんと育っています。
理沙子さんは投げとパワー攻撃を中心にこちらもしっかりと・・・。
こちらも白波さん同様。それ以上に何もできず
あ、ロイヤルDDTくらいは入れれたか。
ホントにそれくらい
最後は石川さんのパワースラムで敗北です・・・。

という訳で3勝2敗で3位タイ・・・ですが
評価差で敗退しました。
まあ2敗になった時点で
他の2敗の団体さんと戦った感じで評価こっちが上だなって
わかっていたのでまあ諦めていましたが
というわけで中森さんは10AP
北条さんはトラースキックを貰いました。

さて、軍団絶賛若返り中なわがさばいばるだんす
このお二人もそうだが泉さんと成瀬もちゃんと育てていかんと・・・。

あ~!眠た~い!!
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-23 21:00 | レッスルエンジェルス
社長「よく見てみれば、渡辺ってこれから日程的に厳しいのな。」

つばさ「今日から連戦なんだよね。」
     それに残っている対戦相手も・・・。」

上戸「月女の所の小早川だっけか?
    まああいつとは噛み合うかもしれねーが」

内田「百鬼夜行の二人、そして小縞、貴女とタイプが違えど
    ベースがパワーで押すタイプの3連戦は厳しいですね。」

小縞「それを言えば今日の楠木選手もまた違うタイプの選手ですよね。
   対戦して確信しましたけど
   ああいうクラシックなパワー系は智美、一番苦手かも。」

社長「いや、わからんぞ。まあ、見守ってやろうじゃないか。」

単純な強さとしての資質や力量は明らかに楠木選手の方が上だろう。
今までなら小縞と同じ心配をしていたかもしれない。
だが、先日の心境の変化、成長から今はそんな心配はどこ吹く風か
むしろ変化を確信してからの初めての試合、どう挑んでくれるのか

エンジェルカップ 9日目 第四試合:シングルリーグ公式戦

楠木悠里(龍刃道場)VS渡辺智美(闘京女子プロレス)
[PR]
by siroichigoy | 2010-08-23 03:16 | レッスルエンジェルス