レッスル川柳掲載許諾番号21504お笑い等、ブレもありますがレッスルの話題がメイン。愛の軍団名「さばいばるだんす」当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。(c)2006 松永直己/SUCCESS


by siroichigoy

ヴァルキリーズヒストリー 2007年6月

ヴァルキリーズヒストリーは私がレッスルエンジェルス サバイバーのリプレイを下に私の脳内補完、設定を加えた話となっております。
よってここでの各登場人物の設定は公式なものでなく、管理人私独自のものです。
それをご了承の上、以下、「More」よりお読み下さいませ。





2007年6月
今年は先月、先々月に採用した6人の娘達とAAC勢で全国に顔見せをしていこうと思う。
あまりいきなり風呂敷を広げすぎると思うように出来なくなってしまうからな。
先月まではスカウトや新人テストであまりジムに顔を出せなかったがこれからは頻繁に顔を出そうと思う。選手管理は最も大事な仕事だからね。
まずは今月から新人5人の彼女達の育成について本格的な指針を示していこうと思う。
ミミ君については培ってきた経験などがあるだろうから、細かいところは彼女に任せてみる事にする。
新人の娘達についてだが、コーチと話し合った所、まずは基礎と長所を伸ばしそこで魅せて行こうという事になった。
指導してもらってまだ短いが、それぞれスタイルに色が付いてきた頃だと言う。
空手経験のある真田君、柳生君はやはり打撃にいい物を持っているとの事だし、南君は空手経験者だが関節技はまだまだ伸びるだろうとの弁。
秋山君は器用だがある程度なんでも対応できそうとのオールラウンドなタイプがいいだろうとの事、伊達君はその恵まれた長身と格闘技経験が無い事が逆に幸いしてかグングン技術を吸収してくれている。特に長身を活かした足技に素晴らしい素質があるらしい。ただ、その引っ込み思案な性格のせいか関節技への対応は苦手らしい・・・。
そして話し合いの結果
関節技の隠れた名手だったミコルコーチに南君と秋山君を見てもらい
残りの4人を仏川コーチにみてもらう事になった。

今月の興行は先月行った高知以外の四国3県と4月行った広島以外の中国地方、そして兵庫県で行った。
お客さんの入りだが1000人クラスの会場以外では札止めを叩きだす事が出来た。
まずは1000人クラスの札止めが目標だな・・・。
試合の方だが、個別メニューの効果が早速出たのかみんな動きが良くなってきている。
そして伊達君がアリッサ選手から初勝利を挙げる事が出来た。
序盤こそアリッサ選手のスピードに翻弄されていたが、冷静&根気良く対応し、アリッサ選手のスタミナが切れた所を上手く狙い、最後は仏川氏から特訓を受けたジャンピングニーパットからの体固めで3カウントを奪った。
これには伊達君本人はもちろん、私、そして皆も自分の事の様に喜んでいた。
真田君、秋山君もアリッサ君とはかなりいい勝負が出来るようになったし、本当にこれからが楽しみだ。
[PR]
by siroichigoy | 2008-04-18 23:41 | レッスルリプレイ